パーフェクトニードルの正しい使い方は?

未分類

美容成分が豊富なニードルを刺して、肌の奥まで成分を行き渡らせる美容方法がブームですね。
韓国では、家でエステ感覚が味わえると美容マニアから特に注目されているんですって(*^^*)

日本ではまだ、ニードル系の商品って少ないですよね(^o^)

私も雑誌で紹介されているのを見て、刺す美容方法を知りましたしね!

そんな刺す美容方法の中で、【パーフェクトニードル】という商品を知っていますか?
ニードルがクリームの中に入っている、刺すクリーム何ですよ(*´ω`*)

チクチクっとした優しい刺激がくせになるとブームになっています。
日本製なので、絶賛の声も多いんですよ。

そんなパーフェクトニードルですが、知らない人が多いことでしょう。
ということで、今回パーフェクトニードルの正しい使い方を調べて紹介します!

化粧水→美容液後に使用する

まずは、パーフェクトニードルの使用するタイミングを紹介します。

化粧水後

パーフェクトニードルは、基本的にはスキンケアの最後に使用するということを覚えていてください。

洗顔後の清潔な肌に、化粧水や美容液などで肌を整えます。
その後にパーフェクトニードルを、小豆大の大きさに取って顔に少しずつ塗るんです。

化粧水や美容液などで肌を整えると言いましたが、乳液はしなくていいですからね(*´ω`*)

乳液の代わりにパーフェクトニードルを使用すると考えてください。
乳液をしてしまうと、お肌に蓋をしてしまうのでせっかくのニードルが刺さりにくくなります。


パーフェクトニードルを顔につけた後は、優しくマッサージをして均一に伸ばすことも忘れずに\(^o^)/
指の腹を使用して、力を入れえずに円を描きながらマッサージしましょう。

マッサージすることで、均一に顔に伸びるだけでなく【リフトアップ効果】も期待できるんですよ。
パーフェクトニードルを使用するときは、マッサージも忘れずに!

化粧水や美容液は保湿の高いものを!

化粧水や美容液をパーフェクトニードルの使用前に塗るのですが・・・。
何度か使用していると、高保湿のものがいいことが分かりました。

実は、エアコンが普及していることにより知らぬ間に肌の乾燥って進んでいるんですよね。
隠れ乾燥の人も多いので、高保湿のものを使用することをおすすめします。

安くても構いませんが、敏感肌用の高保湿を使うことでどんな肌の人でも安心かと!
私は無印の高保湿が自分の肌に合っているので使用しています(*´ω`*)
ホホバオイルも良かったので、パーフェクトニードと合わせて使用してみてくださいね。

ホホバオイルは化粧水前に使用しまうので、ホホバオイル→化粧水→パーフェクトニードルの順ですよ。
美容液によって使用するタイミングが違うので、その点は注意しましょう。

どんな商品だとしても、パーフェクトニードルは最後のケアに使用してくださいね♪

重ね塗りする

パーフェクトニードルは基本的には、小豆大の大きさで顔全体を塗ることができます。

ですが、皆さん肌の悩みはバラバラだと思うですよ。
そんなときは、気になる部分にパーフェクトニードルを重ね付けしてください\(^o^)/

私の場合は頬の肌悩みを解決したかったので、頬に重ね付けしていました!
気になっていた毛穴が目立ちにくくなってきたなって、3ヶ月ほど続けて思ったんですよね。

レビューも何件なか見ましたが、重ね塗りすることで実感しやすくなったと書いています。
1度塗りでもいいですが、ニードルがより細かい箇所に刺さるのは重ね塗りなんだと思います。

ということで、パーフェクトニードルは重ね塗りをすると良いですよ!

毎日使用する

パーフェクトニードルは毎日使用することも大切です。
朝と夜の1日2回を目安に、毎日使用して経過を見ていきましょう\(^o^)/

スキンケアの最後にパーフェクトニードルを使用するだけなので、特に大変な作業もないですし!

スキンケアは毎日しないと結果が伴ってこないのは当たり前ですよね。
面倒くさがりの人も、1日2回のスキンケアは欠かさずに続けましょうね♪

起きたときと寝る前なので、忘れることはないとは思いますが・・・。
根気よく続けましょうね。

私は3ヶ月で効果を実感しましたが、まずはパーフェクトニードルを1本使い終わるまで続けてみてください。
効果には個人差がありますが、1~3ヶ月程度で効果が実感できるそうですよ。

効果が出たからと言って、そこで使用をやめるのは意味がないんです。
続けることも大事ですので、最低でも3ヶ月は続けてほしいと私は思います(*´ω`*)

パーフェクトニードルの正しい使用方法を紹介しました。
参考になると幸いです。

みなさんも、パーフェクトニードルを使用して「これが効果あったよ」ってものがあればコメントしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました